【男の娘・連続オーガズム・アナルドリル】女性と見間違えるちょっとタレ目の顔立ち、男優以上の高身長、スタイルの良さ際立つ「水妃ほむら」見ていて気持ち良さそうな、完全前立腺覚醒での、強連続絶頂実験を受ける 快楽導入初期、立位拘束で既に勃起中の彼女、いやらしいパイチン、3人の男にじっくりと全身をほぐされる 拘束を解かれ前立腺とペニス手コキ電マ、体を何度も仰け反り1度目の射精、ペニスポンプ吸引電マ、快楽が高まり続け2度目の射精、前立腺が覚醒し勃起は収まらない 快楽導入中期、お尻突き出し拘束、前立腺のさらなる快感、指ズボで連続絶頂、ディルドでさらに何度も繰り返す快楽地獄、抜かれるとカウパー垂れる、さらに狂暴な玩具でイキッぱなし状態 快楽導入後期、勃起がさらに強く反り返りっぱなし、開脚拘束で振動とピストンのアナルドリル、貫かれたら即絶頂、下半身が痙攣を始める、いくつものディルドドリル、全身がビクビク、ヒクついて止まらない ラストは覚醒状態でのアナルSEX、簡単に絶頂してしまう体、もう抑えられない

出演女優


作品レーベル

巧みな手法で拿捕したオトコの娘の身体を使い恐るべきマルチプルオーガズム(同時多発昇天)の実験を行う研究所がある。その目的は少子化対策?だとか…。今回捕まったのはSNSで引っ掛けた美少女系オトコの娘、ミサト。怯えて暴れるミサトは施術代に拘束され、カラダが女体化しつつもオスの性能もアップするというミラクルな研究試薬を飲まされる。するとミサトは恥ずかしさに震えながら隠し持った淫乱性を開花させていき…。
男の娘だからと興味失うのはちょっともったいないかなと思います。彼女「水妃ほむら」は高身長で、その体と違う可愛らしい顔と妙に可愛らしいパイチンというアンバランスさが、興味を誘い、前立腺開発実験という、人体実験のような内容が興奮してしまいます。
男性であれば誰でも持っている前立腺でイク、それを覚えると射精しても賢者タイムが無くなるんですね。本来射精すると「プロラクチン」という性欲抑制ホルモンが分泌され、強制的に興奮状態から冷める様になってますが、射精した感覚が無いといつまでも射精直前の興奮状態が続きます。これがマルチプルオーガズムなのです。
ずっと勃起が続き、快感が快感を呼び、男性の快楽の限界を超えていく、この覚醒状態になると女性のようにいつまでも何度でもイキ続ける様になるのです。それがどれだけすごいかを見せてくれるのがこの作品で、見た目もきれいな男の娘ですから興味が湧いてきたらぜひご覧頂くのをおすすめします。

もしこの前立腺の快感の一端を知りたいなら、以下のようなアダルトグッズがおすすめです。

アマゾンで安価に購入できるピストン+振動の強力な玩具と、少量で非常に良く伸び挿入が楽になるローションです。
最初は全部挿入しなくても良いので、ピストンによって突き上げられる前立腺への刺激と、体の奥までに響く強い振動を感じてみてください。


コメント