【美少女・宙吊り浣腸・ぶっかけ噴出】可愛さと美しさが増し、大人っぽく艶めかしくなったパイパン美少女「宮沢ちはる」初出演となるアタッカーズで本格調教、大量に噴き出す汗が白い肌を光らせ、扇情を煽る緊縛美が印象的 イラマ、熱ロウ、電マ、鞭打ち、強制クンニ、中出しSEXと多彩な調教を受けるが、なんと言っても見どころは宙吊りでの浣腸、長時間に渡る苦しい緊縛と排泄我慢に全身から吹き出る汗、鼻水もよだれも垂れ流してむち打ち、そして男優にぶちまける噴出、小さなアナルも綺麗なパイパンマ◯コも晒し出す緊縛宙吊り状態、恥ずかしい姿で噴き出す中に少量のウンカス、本気で耐え汗まみれの彼女が非常に艶かしい 残念なのは薄暗く青い照明、もっと艶やかに肌を映し出して欲しい 彼女は変態ではなく、全てを受け入れようとするM女、だからこそ、SM調教の良さが際立つ作品となっている

出演女優


作品レーベル

ワンマン社長・田崎のもとで働いていた守は、会社の不正経理および政界への不正献金を見抜き、告発。田崎は逮捕され会社は倒産するが、信念を貫き且つ自身の再就職先も画策し、守は意気揚々としていた。一方、復讐の悪鬼と化した田崎は守の妻・ちはるを狙うのだった…。
決して目立つわけじゃないが、見れば見るほど艶めかしを感じさせる「宮沢ちはる」。今回の調教で限界まで耐えているのが感じられ、派手で過激な今どきの浣腸調教とは違う、昔の耽美な浣腸調教としての良さ、あまりに卑猥な宙吊り緊縛は耽美的。その中でときおり見せる幼さ、その時の彼女はとても魅力的に映る。
ぜひ感じてもらいたいのが彼女の汗で、全身から吹き出る汗が体を艶かしく美しく彩っている。本格的な宙吊り緊縛は相当苦しく、その状態でも浣腸むち打ちは徐々に彼女を追い込んでいく。それを感じられるのが大量の汗と鼻水とよだれ、限界の中で噴き出す噴出、全てが浣腸を引き立てている。
惜しむべきは照明による演出で、青色が強すぎて本来の彼女の肌や質感が感じられない事、中途半端な演出より、強い照明で彼女の姿を浮き出させたほうが良かったと思う。彼女の表情から感じ取る調教の醍醐味は、たくさんのSMを見てきた玄人向けであり、それを感じ取っていたいと思う方にもおすすめしたい作品。

   
 
    

コメント