【アナル大拡張・浣腸噴出・黒人アナル】現役AV女優の中でも格段にでかいアナルを持つ「小日向まい」 その拡張具合、特に腸の奥の拡がり方は米国のでかいアナルのポルノ女優上位とタメを張れるレベル 圧巻は超長い特大ディルドを全部飲み込んでしまう姿、直腸、S字結腸、下行結腸、横行結腸を超えて上行結腸まで届いていそう 浣腸はソフトボールくらいの大きさのバルーンで留められての電マで快感 強制的にアナルをこじ開ける拡張器で余裕の笑顔 黒人のでかいペニスを両穴挿入でようやく満足してるど変態 一度そのアナルを生で見られないかと思ってしまいます

出演女優


作品レーベル

選ばれし美女が自らの肛門の限界に挑戦するハードコアアナル作品のまさかの第3弾!新たに現役最強アナルプレイヤーに名乗りを上げたのは関西の秘密兵器「小日向まい」!アナルの伝道師「トリンドル田中」監督とのアナル対談に始まり、運動前のストレッチ感覚でアナルオナニーをしてもらい、いよいよ怒涛の尻穴プレイに突入!大量浣腸噴射、拡張フィスト、連続異物挿入!そして黒人デカマラコンビによる極限の2穴FUCK!破壊力満点のアナルプレイの連続は過去作の強者2人にも負けず劣らずのインパクト!衝撃映像を是非ご覧ください!
彼女「小日向まい」のような女性が本物のプロと呼ぶのに相応しい女優なのでしょう。飽くなき探究心と自らの限界を高め、驚きを持ってその姿を披露する、アイドルとは真逆の真性痴女、真似しようとして出来るものではありません。
あの非情に長いディルドは、大腸に沿って奥へ奥へ、おそらく拡張されていても内蔵をこすられる感覚や鈍痛もあり、欧米人のような曲がりくねっていない大腸で、緊張せず緩みきっていて拡張されてる事が前提になりそうです。
惜しいのはモザイクの濃さ、昔基準が緩かったメーカーはより厳しい審査されているようで、本当に誰も得しません。性器にしろ肛門にしろ、人間誰しも持っているもので無くては人間が成立しません。見たい人が見るもので、無理に見せつけてるわけじゃないのです。基準はどうにもならない状況ですが、アナルに興味があるなら、彼女のような特別なアナルを持つ人は、アナル拡張という人体改造する事の変態的すごさを感る事になるでしょう。

   
 
    

コメント